スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッとしたところで、自己紹介をします(追加版)

 2回の研修が終わり、ホッとしています。1回目からの2週間、ブログにリンクに課題…、大変でした。でも、テンプレートのおかげで、きれいで読みやすくなりうれしいです。

 ホッとしたところで、自己紹介をさせていただきます。
 私は、市立図書館に勤めて28年になります。広告会社に勤めていましたが、どうしても図書館の仕事がしたくて、転職したので、たぶん今回の研修生の中では1番年上かもしれません。普段は年齢のことは気にせず、今が1番好き、という性格なのですが、新しいことに挑戦する時は若いっていいな、とちょっとうらやましくなります。半分ぐらいの年数を児童担当でしたので、現在でも1番こだわりのある分野です。今は、管理職となったため、カウンターに出るチャンスはあまりないのですが、時々、ブックトークやボランティアの読み聞かせ講習会の講師などをすることにより、子どもたちとの接点を保っています。
 10年ほど前に新館ができ、それまでとまったく変わった運営となりましたが、やはり児童担当となりました。もちろんうれしかったのですが、レファレンスサービスをやってみたい、という気持ちも同時にありました。謎解きが好きで、どちらかといえば論理的に解いていく性格なので、担当になっていたら、のめり込んでいたかもしれません。

 今回この研修を受けようと思ったのは、Web2.0、Library2.0やOPAC2.0という言葉に惹かれたからです。正直言って、どういうことなのか知らなかったので、知りたいと思いました。コンピュータの知識は、いつも実務から入っていたので、基本的な知識が欠けているのです。これをきっかけにもっと基本的な知識を持ちたい、と思います

 今日、図書館で“お話会”がありました。私も「子うさぎましろのお話」という話を語りました。久しぶりだったので、子どもたちの真剣な目や笑顔が本当にうれしかったです。
 先日の研修で様々な意見が出ていましたが、私も図書館は色々な面を持つべきだと思います。有効性も大切ですが、楽しんだり、時間つぶしをすることも同じように大切だと思います。子どもたちには、いろんな絵本に出会ってもらいたいし、本を読む楽しさも知ってもらいたいと思います。“本なんてなくとも、子どもは育つ”“自分は本なんて読まなかったけど、べつに問題はない”という人もいますが、楽しいことは多いほどいいのです。子どもたちは架空の世界でも、本当のことのように楽しんだり、体験したりすることができる力を持っています。その力が失われないうちに、本の楽しさを知ってもらいたいのです。そして、その機会をつくるのも図書館の仕事のひとつです。

 私は、図書館の変化を図書館の職員として体験してきました。図書館の変化は社会の変化です。社会が求めるものが、図書館に求められるものだと感じています。社会が求めるものが1つでないように、図書館に求められるものも1つではありません。しかし、今求められているものが何なのか、まだ混沌としているように思えます。それを今までの価値観と違う視点で考えてみたい、それが、この2回の研修を受けて抱いた私の思いです。 これからの研修が楽しみです。
 

(先日、完成していないのに誤って送信してしまいました。今日気がつきました。、読んでくださった方がいたら、ごめんなさい。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「楽しいことは多いほどいい」ってすごくいいですね。
昨今の環境の激変についつい軸がぶれがちなのですが、
基本をここにおいていると、悪くない方向が見えてくる気がします。
心のメモに書かせていただきました!
プロフィール

ココロッテ

Author:ココロッテ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。